{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第96回~

パテック フィリップの実力を証明する
グランド・コンプリケーション最新作

2020.7.24
■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■永久カレンダー搭載クロノグラフ ■5270

文:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)は先ごろ、2020年の新作として、驚くべきことに3タイプの異なる機能を備えるグランド・コンプリケーションを発表した。圧倒的な技術と驚くべきセンスで世界最高峰のウォッチ・メゾンとしての地位を堅持するパテック フィリップ。YOSHIDAも注目するこの3つの新作は、そのパテック フィリップの優位性を改めて立証する刮目すべき作品である。

至高のグランド・コンプリケーションを実現する
パテック フィリップというマニュファクチュール

 1839年の創業以来、最上級のタイムピースを追求し続けるスイス・ジュネーブの老舗ウォッチ・メゾン、パテック フィリップ。そのコレクションの最上位に位置するのが、いわゆるグランド・コンプリケーションである。

 グランド・コンプリケーションとは、時刻をチャイムの音で知らせるミニット・リピーターや、月・曜日・日を閏年にも対応して表示する永久カレンダー、月や天体の運行を示す天文表示、重力の影響を分散させて精度を向上させるトゥールビヨンなどの複雑機構(コンプリケーション)を搭載するタイムピースのこと。複数組み合わせて搭載されることもある。

 これら個々のコンプリケーションでさえ、自社で開発製造することは非常に難しく、さらにこれらを組み合わせたグランド・コンプリケーションまで自社内で完成させることのできるブランドは極めて希である。これを知れば、パテック フィリップがなぜ、“世界最高峰のウォッチマニュファクチュール”と呼ばれるかが理解できるだろう。その至高の存在であるグランド・コンプリケーションが2020年7月、なんと3タイプもパテック フィリップから発表された。

 これらは永久カレンダーとクロノグラフ、スプリット秒針クロノグラフ、ミニット・リピーターとトゥールビヨンというように、それぞれ異なる機能と個性を併せ持つ最上級のタイムピースであり、現代の時計界が生み出した後世に残すべき記念碑的な時の芸術作品である。


PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) Ref.5270 永久カレンダー搭載クロノグラフのムーブメント

高品位なクロノグラフの必須条件とさえいわれるコラムホイールや水平クラッチなどの機構を備えたRef.5270永久カレンダー搭載クロノグラフのムーブメント。輪列を保持するブリッジにはコート・ド・ジュネーブが施されており、板バネ類もプレス加工ではなく、削り出しと面取り加工によって作られている。

優れた視認性を発揮する均衡の美
Ref.5270 永久カレンダー搭載クロノグラフ

 パテック フィリップの古典である1941年発表のRef.1518。その後継モデルとして2018年に登場したRef.5270に、コレクション初の18Kイエローゴールド製ケースに凹型ベゼルと段差付きラグを装備した新たなバージョンが加わった。特徴はシンメトリーな“均衡の美”。12時位置には曜日と月、3時と9時の位置には30分積算計とスモールセコンド、6時位置にはムーンフェイズと同軸に指針式日付表示を搭載。その両脇には昼夜表示と閏年表示の小さな窓があり、徹底してシンメトリーな表示の実現を追求している。搭載ムーブメントはパテック フィリップ完全自社開発・製造によるCal.CH 29-535 PS Q。高品位クロノグラフに不可欠な水平クラッチやコラムホイールを備え、パテック フィリップが取得したクロノグラフに関する6件の特許機構が採用されている。


  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■永久カレンダー搭載クロノグラフ ■5270
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■永久カレンダー搭載クロノグラフ ■5270
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■永久カレンダー搭載クロノグラフ ■5270

永久カレンダー搭載クロノグラフ

このタイムピースはサファイアクリスタル・バックによりムーブメントを観察可能。加えてイエローゴールド仕様の交換用ソリッドケースバックも付属している。

■5270 ■41mm ■18Kイエローゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■30m防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

本青七宝による新しい文字盤を採用した
Ref.5370P スプリット秒針クロノグラフ

 次々にゴールする複数の走者のラップタイムを計測するために開発されたというスプリット秒針クロノグラフは、ミニット・リピーターやトゥールビヨンと共にもっとも製作困難なコンプリケーションといわれる。2020年の新作Ref.5370P スプリット秒針クロノグラフは、特別なモデルだけに許されたプラチナ950製ケースに、高温で焼成した本物の青い七宝ダイアルを組み合わせたモデル。この青い七宝ダイアルは美しさはもちろん、視認性も抜群。繊細なリーフハンドには蓄光塗料が入り、夜間や暗闇での読み取りやすさも配慮されている。


  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■スプリット秒針クロノグラフ ■5370P
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■スプリット秒針クロノグラフ ■5370P
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■スプリット秒針クロノグラフ ■5370P

スプリット秒針クロノグラフ

従来のパテック フィリップのプラチナ・モデル同様、ケース側面6時位置に小さなダイヤモンドがセッティングされており、このモデルが特別な存在であることを静かにアピールする。

■5370P ■41mm ■プラチナケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■30m防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

透明性に貫かれた視覚と聴覚の饗宴
Ref.5303 ミニット・リピーター・トゥールビヨン

 1845年に最初のミニット・リピーター付き懐中時計を作って以来、パテック フィリップは数々のチャイムを搭載するタイムピースを世に送り出してきた。その伝統は現在も確かに継承されているが、2020年の最新作Ref.5303 ミニット・リピーター・トゥールビヨンでは、新たにダイアル側にチャイム機構を搭載し、それをすべて見渡せるという構造を初めて採用している。このモデルは最初、2019年の『ウォッチアート・グランド・エグジビション・シンガポール2019』のため、12個の限定モデルとしてデビュー。その後、デザイン細部に変更を加え、パテック フィリップの現行コレクションに加えられたのである。


  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■ミニット・リピーター・トゥールビヨン ■5303
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■ミニット・リピーター・トゥールビヨン ■5303
  • ■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■ミニット・リピーター・トゥールビヨン ■5303

ミニット・リピーター・トゥールビヨン

透明なUV加工を施したサファイアクリスタルのダイアルを通してミニット・リピーター機構およびトゥールビヨンがすべて見渡せる独創的なグランド・コンプリケーション。ケース裏面も同様のサファイアクリスタルを採用し、ムーブメントの美しい仕上げも鑑賞できる。

■5303 ■42mm ■18Kローズゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■非防水(湿気・埃にのみ対処) ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920