{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第141回~

コンプリケーションの魅力が詰め込まれた
パテック フィリップのカレンダー・ウォッチ

2021.6.4
■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■インライン表示永久カレンダー ■5236P

文:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 時計界をリードするスイスの名門パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)。シンプルなモデルから超複雑モデルまで、あらゆるタイプのタイムピースを生み出すパテック フィリップだが、中でもカレンダー・モデルの優れた機構には定評がある。そこで今回は2021年の新作から、完全フラットなインライン表示を実現した新作の「永久カレンダー」と、小振りなケースであらゆる人の腕にフィットする「年次カレンダー」にスポットを当てよう。

初のインライン表示を実現した
「永久カレンダー」の最新作

 2021年にパテック フィリップが発表した最新作「インライン表示永久カレンダー Ref.5236P」は、パテック フィリップが初めて腕時計で開発した、曜日・日付・月を12時位置の下にある窓に、並べて表示する洗練されたインライン(直列)表示の永久カレンダーである。

 この窓には、曜日と月に挟まれて日付が表示されているが、これらすべての表示ディスクが完全にフラットで段差がないことに驚かされる。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■インライン表示永久カレンダー ■5236P

インライン表示永久カレンダー

ブルーのグラデーション・ダイアルとネイビーブルーのアリゲーター・ストラップ、そして高貴な白い輝きを放つプラチナ製のケースが絶妙にマッチした新しいインライン表示の永久カレンダー。6時位置のインダイアルではムーンフェイズとスモールセコンドを同軸で表示し、右側に閏年表示、左側は昼夜表示の窓がある。

■5236P ■41.3mm ■プラチナケース ■アリゲーターストラップ ■自動巻き ■3気圧防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■インライン表示永久カレンダー ■5236P

12時位置のロゴの下に開けられたカレンダー表示用の窓。ここから段差なく、完全にフラットに配置された曜日・日付・月の表示を見ることができる。ダイアルのカラーに合わせて、この文字と数字もブルーが採用されている点にも注目されたし。

 この完全フラットのインライン表示を実現するため、パテック フィリップの技術陣は、曜日と月に2枚の日付表示ディスクの合計4枚のカレンダー表示ディスクを備えた、新しい永久カレンダーモジュールを搭載する自動巻きムーブメントCal.31‑260 PS QLを開発。この画期的なインライン表示永久カレンダーのムーブメントでは3件の特許を出願されているが、この機構を実現するため、118個もの部品が追加されているというから、これもまた驚きである。


  • PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) Cal.31‑260 PS QL
  • PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) Cal.31‑260 PS QL

独創的な永久カレンダーのインライン表示と薄型化を実現した新開発のCal.31‑260 PS QL。

 そして、この新型ムーブメントは、複雑機構を備えながらも腕に快適にフィットする11.07mmという“薄さ”を実現するため、巻き上げローターがムーブメントに埋め込まれたプラチナ製マイクロローター機構が採用されている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■インライン表示永久カレンダー ■5236P

ケースの6時位置の下、ラグの間にはダイヤモンドがセットされている。これはプラチナケースを採用したモデルにおける、パテック フィリップの共通仕様である。

 このプラチナの輝きにマッチするよう、ダイアルは透明感あふれるブルーのグラデーションを採用。同系色のネイビーブルーのアリゲーター・ストラップと相まって美しいハーモニーを奏でてくれるのである。



あらゆる人の腕にフィットする
エレガントな年次カレンダー

 20年ほど前に腕時計の大型化がブームとなり、ケース径40mm以上のモデルが今では定番化したが、最近はその反動からか、やや小振りなモデルの人気が少しずつ高まっているように思える。

 パテック フィリップの「年次カレンダー Ref.4947/1A」は、女性や腕の細い男性、あるいは小振りな時計を愛好する方々のために生み出された直径38mmのラウンド型カラトラバ・タイプのケースが特徴となっている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■年次カレンダー ■4947/1A

年次カレンダー

フルローターの自動巻きムーブメントに年に一度の調整で正しくカレンダーを表示するパテック フィリップが特許を取得した年次カレンダー機構を搭載したモデル。直径38mm、厚さ11mmのステンレススチール製ケースはあらゆる人の腕に快適にフィットする。

■4947/1A ■38mm ■ステンレススチールケース&ブレスレット ■自動巻き ■3気圧防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■年次カレンダー ■4947/1A

日本では山東絹、英語ではシルク・シャンタンと呼ばれる独特の絹織物のテクスチュア(質感)を表現した印象的なダイアルと、6時位置に設置されたムーンフェイズ・インジケーター。極上のエレガンスが薫る素敵なマッチングだ。

 この絶妙なサイズのケースはポリッシュ仕上げステンレススチール製。美しく磨き上げられた美しさと日常使いに最適なステンレススチールに合わせて、ダイアルは山東絹(シルク・シャンタン)仕上げと呼ばれる、縦横にサテン仕上げが施されたエレガントなミッドナイトブルーのダイアルが採用されている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■年次カレンダー ■4947/1A

ケースの右サイドには、パテック フィリップのシンボルであるカラトラバ十字の紋章が刻まれたリューズを挟んで、カレンダー調整用のコレクター(埋込み型のプッシュボタン)が配置されている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■年次カレンダー ■4947/1A

全回転の大型ローターを装備する自動巻きムーブメントCal.324 S QA LUの美しい仕上げは、サファイアクリスタル仕様のケースバックを通して、いつでも鑑賞することが可能。

 搭載されるムーブメントはCal.324 S QA LU。曜日と月をサブダイアルで指針表示し、日付を6時位置の窓で表示する年次カレンダーであり、調整は年に一度で正しい暦を自動表示してくれる利便性に優れた機構が搭載されている。また、6時位置のサブダイアルには月の満ち欠けを示すムーンフェイズ・インジケーターが搭載されている。



【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920