{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第139回~

現代的な意匠で再定義された
永遠の名機「カラトラバ」の最新作

2021.5.21
■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

文:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 普遍的なデザインで永遠の名機とさえ呼ばれるパテック フィリップの「カラトラバ」。2021年の新作では、この「カラトラバ」に新たな名機とも呼ぶべきモデルが登場した。そこで今回はすでに大きな評判となっている新しい「カラトラバ」にスポットを当てることにしよう。

《クルー・ド・パリ》ベゼルを持つ
2021年の新しい「カラトラバ」

“時を表示する”という時計の基本に忠実にデザインされ、「腕時計史上、もっとも完成されたデザイン」と呼ばれるパテック フィリップの「カラトラバ」。このコレクションに2021年、新たなモデルが加わった。それが「カラトラバ Ref.6119」である。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

カラトラバ

ホブネイル・パターンを刻んだベゼルとファセット加工のインデックス、ドフィーヌ型時分針を組み合わせた新しい「カラトラバ」。ケースは直径39mmの18Kローズゴールド製で厚さは8.1mm。腕へのフィット感も極めて快適だ。サファイアクリスタル・バック。

■6119 ■39mm ■18Kローズゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■3気圧防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

 この新作のオリジナル(原型)は、1985年に発表された「カラトラバ Ref.3919」。このモデルの特徴は、ベゼルに施された《クルー・ド・パリ》(ホブネイル・パターン)と呼ばれるギヨシェ装飾であり、2006年にはサイズを拡大してRef.5119に発展。これは2019年に生産を終了したが、新作のRef.6119では新たなケース径とダイアル&針のリニューアル、そして新しい手巻きの基本ムーブメント「Cal.30-255 PS」を搭載することで、まったく新たな姿で蘇ったのである。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

ベゼルをぐるりと囲むように《クルー・ド・パリ》と呼ばれるギヨシェ彫りが施されている。従来のものより幅が広くなり、わずかに傾斜がつけられている。ちなみに《クルー・ド・パリ》を直訳すると「パリの爪」だが、石畳をイメージした装飾でもあるという。

 ケース径は39mmという最適なサイズ。ダイアルに配置されるインデックスは、以前のRef.3919やRef.5119が黒いローマ数字だったのに対し、1932年に誕生した初代カラトラバRef.96を思わせる、ファセット加工されたゴールドの植字に変更。針も初代と共通するドフィーヌ型の時分針となっている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

斜めにカットされたファセット(研磨した面)が特徴的なゴールドのインデックスは初代「カラトラバ」であるRef.96を思わせる意匠だ。

「カラトラバ」の持つエレガントさと現代的な力強さを絶妙なブレンドで具現化したこの新作は、多くの時計愛好家の支持を得ることは疑いのないところだ。


落ち着いた大人の風格が漂う
チャコールグレー・ダイアルの魅力

 サテン仕上げのチャコールグレー・ダイアルを採用したホワイトゴールド仕様の「カラトラバ Ref. 6119」も同様に、新たに開発された手巻きの基本キャリバーである「Cal.30-255 PS」が搭載されている。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

カラトラバ

18Kホワイトゴールド製のケースに縦方向にサテン仕上げを施したチャコールグレーのダイアルをマッチさせた「カラトラバ」の最新作。ファセット加工のインデックスやドフィーヌ型時分針などが、初代カラトラバを思わせる。サファイアクリスタル・バック。

■6119 ■39mm ■18Kホワイトゴールドケース ■アリゲーターストラップ ■手巻き ■3気圧防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

 このムーブメントの直径は、腕時計としては大型部類となる31mmあるが、厚さは、わずか2.55mmしかない。この大型かつ薄型の新しいムーブメントによって、現代的なニーズにフィットしたゆったりしたサイズと、スリムでフィット感に優れた薄型ケース(厚さ8.1mm)という造形が可能となった。

 さらに、この新型手巻きムーブメントでは、メインスプリングを収めた香箱を並列に2個配置することで約65時間ものロングパワーリザーブも実現している。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■6119

新しい手巻きの基本キャリバー「Cal.30-255 PS」は、サファイアクリスタルのケースバックを通して、思う存分にその美しい仕上げを堪能することができる。もちろんパテック フィリップの厳しい検定と美的基準に合格したパテック フィリップシールを取得。

 その上、リューズを引き出すとテンプの動きをブロックするストップセコンド機能が作動し、時報などに合わせることで極めて正確に時刻を修正することが可能。これもまた現代人が高精度な腕時計に求める機能のひとつであり、その意味でもこのモデルは、我々の求める新世代の「カラトラバ」と言えるはずだ。


光を受けてまばゆく輝く
女性のための「カラトラバ」

 シンプルでクセのない「カラトラバ」は、メンズのみならずレディス・ウォッチとしても最上のエレガンスを表現する“時計の標準言語”である。そのコレクションに加えられた新たなレディス・モデルが、この「カラトラバ Ref.4997/200」だ。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■4997/200

カラトラバ

超薄型自動巻きムーブメント 「Cal.240」を採用することで、7.4mmという“薄さ”を実現。ギヨシェ装飾が施された透明なミッドナイトブルーのラック塗装ダイアルにパウダー仕上げのゴールド・インデックスがくっきりと映える。サファイアクリスタル・バック。

■4997/200 ■35mm ■18Kホワイトゴールドケース ■起毛仕上げカーフスキンストラップ ■自動巻き ■3気圧防水 ■価格要お問い合わせ

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

 ケース径は35mm。従来のモデルより、ひとまわり拡大された。そしてダイアルはギヨシェ装飾が施されたベースに、ミッドナイトブルーのラック塗装を施したもの。透明なブルーのラック塗装を通して緻密なギヨシェ彫りが浮き上がり、光を受けてさまざまに変化する様子は息を呑む美しさだ。

 また、従来は手巻き式のムーブメントが搭載されていたが、この新作では、ムーブメントの中に自動巻きのローターを埋め込んだマイクロローター式自動巻きムーブメントを新たに採用。


■PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) ■カラトラバ ■4997/200

透明なミッドナイトブルーのラック塗装仕上げが施されたギヨシェ仕上げのダイアルは、光を受けて千変万化の輝きを放つ。

 そしてダイアルを取り巻くベゼルには、76個のラウンドカット・ピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンド(約0.52カラット)をセッティング。

 このエレガントな魅力を最大限に引き出すために、サテン生地を思わせる外見と手触りを持つ特殊な起毛加工が施された、ブリリアント・ネイビーブルーのカーフスキン・ストラップが付属している。

 フェミニンな要素を散りばめた新しい女性用の「カラトラバ」はこの上なく魅力的である。


【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920