{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第36回~

ウブロ2019年新作の香り立つ魅力 vol.1

2019.5.31

文:田中克幸 / Text:Katsuyuki Tanaka
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 SIHHやバーゼルワールドといった国際的な時計見本市を日本のメディアが注目し始めて早や四半世紀以上が経つ。HUBLOT(ウブロ)は2019年も例年通り、1月と3月に2回出展し、多くの話題を集めている。その中から選りすぐりのモデルを2度の特集にわたって紹介する。

時計界のトレンドを占う2大展示会

 時計の世界には、2つの大きな見本市がある。ひとつは毎年1月に開催されるジュネーブでの展示会(代表的存在がSIHH=Salon International de la Haute Horlogerie)、もうひとつは3月のバーゼルワールドだ。

 現在、当展示会以外でも、ジュネーブのホテル等で数多くの時計ブランドが新作発表会を開催している。ウブロは今年もジュネーブにて新作の発表を行った。


バーゼルワールド以外に、2011年よりジュネーブ市内のホテルで独自展示会を開催しているウブロ。すでに9年目となった2019年の今年、その存在感は当地展示会でも抜きん出た存在と言える。連日、日本からの時計専門店やメディアなど訪問客が目白押し。

 一方のバーゼルは北東にドイツ、北西にフランスと国境を接する土地柄、元々当地を流れるライン河を利用した交易基地として発達した商業見本市が起源。その源流は1917年にさかのぼり、現在の時計見本市になったのは1973年である。

 日本のメディアがこれらの展示会に着目し始めたのは1992年頃で(一部は1980年代から)、私は1994年から取材で訪問している。時計ブランドの中には両展示会の特性を考慮し、1月と3月に年に二度も展示会を開催する例もあり、ウブロはその筆頭ブランドである。

新たな潮流に応える、豊富なサイズ展開に注目

 では、まず1月に発表された新作を紹介しよう。「YOSHIDA 東京本店」店長の見解は以下の通りだ。

「ウブロの新作をみると、ケースの小型化が顕著になってきました。以前は45mmケースが主流でしたが、42mmなどが登場。さらに自社ムーブメント“ウニコ”を『ビッグ・バン』の42mmケースに搭載してきています」

 これは欧米人と比べて腕が細い日本人には嬉しい傾向。“デカ厚”時計が流行ったのは2000年代に入ってからだが、我々の体型によりフィットする時計が今、どんどん登場しているのだ。

 これは時計会社の立場から見るとかなりの冒険。例えば、ファッション界においては、サイズによる余剰在庫がリスクのひとつであるが、製造コストが段違いに高額な“機械モノ”ではそのリスクはかなり大きい。ウブロはムーブメントやケース素材等の開発のみならず、サイズの開発においても相当な冒険家である。

 今回のジュネーブにおける最大の話題作といえば「スピリット オブ ビッグ・バン イエローサファイア」だ。これまで高度な透明度を実現したモデルや、それとは真逆のブラックスモーク、そしてブルーやレッドのサファイアクリスタルで成功してきたウブロ。今回のモデルでは耐衝撃性を誇るため、その高硬度から着色や切削に困難を極めるサファイアクリスタルで、ついにイエローが登場した。

 また着色加工が困難なセラミックにおけるパイオニアであるウブロは、YOSHIDAでも“よく売れている”リチャード・オーリンスキーが手掛ける「アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー レッドマジック」では、鮮やかで高い香気を感じるレッドセラミックを用意。


 さらに「ビッグ・バン ウニコ GMT チタニウム ブルーセラミック」と「ビッグ・バン ウニコ チタニウム ホワイト」は、自社ムーブメント“ウニコ(UNICO)”を搭載したハイパフォーマンスの新作だ。時計初心者から上達者までカバーする布陣である。


 では次回ではバーゼルワールドでの新作を紹介する。当展示会では実に驚くべき傑作が登場。ひと目惚れ必至の新作続出という大豊作のバーゼルとなった。

YOSHIDAが選ぶ
おすすめ商品のご紹介

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920