{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第15回~

誰もが知る世界屈指の宝石商、
ハリー・ウィンストンの話題作

2018.1.4

文:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 1932年、ニューヨーク5番街に有能で直感力に富んだビジネスマンであるハリー・ウィンストン氏(1896?1978年)が創業した世界屈指の宝石商HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)。同社が時計を手がけたのは1989年から。ジュエリーの制作で培ったセンスと技術を駆使することで瞬く間に世界でもトップクラスの時計ブランドとしての地位を獲得。そのハリー・ウィンストンの旗艦コレクションのひとつ「HW オーシャン」は、YOSHIDA(ヨシダ)の店頭でも非常に人気が高い。2018年には20周年を迎え、数々の話題作と記念モデルが登場した。

モダンなデザインと高度な技術を集約し、
20周年を迎えたHW オーシャン・コレクション

 1953年に公開された映画「紳士は金髪がお好き」の劇中、主演のマリリン・モンローが歌うのが、あの有名な「Diamonds Are a Girl’s Best Friend(ダイヤモンドは女性の親友)」という歌。ここでマリリンは“教えて、ハリー・ウィンストン! 私にダイヤモンドのすべてを!”と歌った。ここからわかるように、ハリー・ウィンストンは米国随一の宝石商にしてダイヤモンドの専門家。マリリンならずとも世界中の女性の誰もがハリー・ウィンストンの扱う煌めくダイヤモンドに、今も昔も虜にならずにいられない。

 そのハリー・ウィンストンが時計製造を始めたのは1989年と、比較的最近のこと。ところがそれから15年後の2001年、ハリー・ウィンストンは豊かな創造性を持つ著名な独立時計師との提携による革新的な時計コレクション「オーパス」をスタート。

 さらに2004年には世界で初めてジルコニウムを主体とする独自の合金素材であるザリウムを時計のケースに採用し、2007年にはスイス・ジュネーブに独自のウォッチ・マニュファクチュールを建設するなど、単に“ジュエラーが作るラグジュアリーなウォッチ”という範疇におさまらず、米国最高峰のジュエラーとしての経験や技術を、スイス伝統の時計作りと融合させることで、幅広いジャンルに向けての独創性溢れる時計作りを進めている。

 その結果、ハリー・ウィンストンが世に送り出すタイムピースは婦人だけでなく、世の男性たちをも虜にしているのだ。

 その宝石商でありウォッチ・マニュファクチュールでもあるハリー・ウィンストンが生みだした人気コレクションのひとつに「HW オーシャン」のコレクションがあるが、このコレクションは2018年で20周年を迎え、記念のモデルが発売された。

 それがここで紹介する「HW オーシャン・バイレトログラード パーペチュアルカレンダー オートマティック 42mm」である。


時計製造の技術とジュエリーの伝統が
次世代の傑作タイムピースを生む

 このモデルの特徴はその名称にすべて語り尽くされているといっても過言ではない。まず目を引くのが文字盤上で左右対称に配置されたふたつのレトログラード表示。“レトログラード”とはフランス語で“退行”を意味する言葉だが、時計の世界では扇状の目盛を針が進み、終点に達すると瞬時に針がゼロに復帰し、再び表示を再開する複雑機構のことだ。この記念モデルでは右側に日付表示があり1日から31日まで針が下降することで日付を示し、左側の曜日表示では月曜から日曜まで、針が上昇することで示す。

 もちろん、これらの表示は月の大小や閏年があらかじめ機械上にプログラミングされ、無修正で正しい日付を示す永久カレンダー機構の一環であるから、月の表示は15時位置のインダイアルで示し、その中の小窓で閏年(リープイヤー)が表示されるようになっている。

 また、このモデルにはムーンフェイズ・インジケーターも6時位置のインダイアルに設置され、自然界と人間の活動に大きな影響をおよぼす月の満ち欠けが示されるのである。

 通常、スイスの伝統的な時計作りによる永久カレンダーというと、ホワイト・ベースの文字盤に月・曜日・日などの表示のインダイアルを置き、ブルースチール仕上げされた繊細な針でそれらを示すというものが多い。しかし革新的な時計作りを進めるハリー・ウィンストンでは、このような従来のルールに則った表示方式ではなく、メリハリのある立体的造形の文字盤と先端を赤くペイントされたブルーやホワイトの針をセットすることで、実に明快に表示する新たなシステムを確立したのである。

 加えてこの限定モデルではベゼルやラグ、ストラップのバックルに合計91個のバゲットカット・ダイヤモンド(約4.41カラット)をセッティングすることで、世界最高峰に君臨する宝石商としての存在感を込めることに成功したのである。


 今現在、YOSHIDAの店頭には、「HW オーシャン」をはじめとするメンズモデルとともに、数々のレディスが並んでいる。美しいダイヤモンドの輝きをパートナーと共有する時間はこの上ない幸せを運んでくれる。

YOSHIDAが選ぶ
おすすめ商品のご紹介

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920