{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第50回~

今再び高い支持を得る、
グランドセイコーGMTモデルの魅力

2019.9.6
■Grand Seiko(グランドセイコー) ■SBGE248

取材・文:竹石祐三 / Report & Text:Yuzo Takeishi
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 9Fクオーツ誕生25年の節目を迎えた2018年、Grand Seiko(グランドセイコー)はブランド初となるGMT機能を付与したクオーツ・ムーブメント9F86を発表。これを搭載したモデルをリリースし、話題を呼んだ。そして2019年8月には、回転ベゼルに18Kイエローゴールドを採用し、ブルーとのコンビネーションが新鮮な印象を与えてくれるGMT機能付きのスプリングドライブ・モデルを発売したばかり。現在、グランドセイコーが注力するGMTモデルの数々に、YOSHIDA(ヨシダ)も注目している。

海外旅行の自由化と、セイコーが手がけた
国産初のGMTモデル

 セイコーが公式計時を担当した東京オリンピックの開催を半年後に控えた1964年4月1日、戦時中より行われてきたひとつの大きな規制が撤廃された。日本人の海外観光渡航が自由化されたのである。もっとも、このときは年1回の渡航で所持金も500ドルに制限されたもの。しかし、年1回というこの条件も2年後の1966年には撤廃され、ここから日本人の海外旅行が一気に広がっていく。

 この、“第二の開国”とも呼べる海外旅行の自由化に合わせ、セイコーは国産初となるGMT機能とワールドタイム表示機能を搭載した「ワールドタイム」を発売する。それはダイアルの外周に都市名が表記され、その内側には昼夜がひと目で判別できるよう、ブラックとブルーで色分けされた当時としては新鮮なデザインのモデルだった。しかし、グランドセイコーの時計にGMT機能が搭載されたのは2002年のこと。グランドセイコーが本格的に復活するトリガーとなった機械式ムーブメント9S55にGMT機能を付加した9S56を開発し、ついにブランド初のGMTモデル「SBGM001」が誕生する。

 やがて2014年には、テンプが毎時36,000振動することで安定した精度を維持するハイビート・ムーブメントにもGMT機能を搭載して高い支持を獲得するが、さらに話題となったのは2018年。グランドセイコーは、専用のクオーツ・ムーブメント9Fシリーズの誕生25周年のタイミングで新たにキャリバー9F86を発表、これを搭載したクオーツGMTモデルが注目を集めたのだ。


スポーティ・ルックで人気を獲得した
クオーツGMT「SBGN005」

 時計におけるGMTとは、24時間針(GMT針)と24時間表示のベゼルなどによって、2カ国の時間が確認できる機能のこと。例えば、渡航先の現地時刻(ホームタイム)を通常の時分針で設定し、常にチェックしておきたい自国などの時間(ローカルタイム)は、24時間計とGMT針で表示するものだ。つまり、渡航先の現地時刻からプラスマイナスの計算をすることなくローカルタイムの時刻がひと目で分かるため、海外に行った際は実に重宝する。

 9F86は、グランドセイコーで初めてこのGMT機能をクオーツに搭載したムーブメントで、渡航先で時刻を設定する際、時計を止めずに時針だけを修正できる機能も付与している。そして、この9F86を実装したモデル「SBGN001」が2018年10月に世界限定800本で発売された。その高い実用性もさることながら、チャコールグレーのダイアルに、イエローのGMT針と昼夜が判別できるツートーンのダイアルリングを組み合わせたスポーティなデザインも話題となり、あっという間に完売してしまう。

 しかし、3カ月後の2019年1月にはダイアルの意匠やGMT針のカラーを変更したレギュラーモデル「SBGN003」「SBGN005」が発売。とりわけ「SBGN005」は、ネイビーのダイアルとレッドのGMT針とのコントラストが美しいモデルで、スポーティなルックスでありながらも落ち着いた雰囲気を持ち、スーツスタイルやカジュアルを問わず、幅広いスタイルに合わせやすい1本。YOSHIDAでも発売以来、好評を得ているという。


Grand Seiko(グランドセイコー) GMT機能付きムーブメント9F86

搭載されるのはグランドセイコー初となるGMT機能付きムーブメント9F86。年差は±10秒の高い精度を誇り、電池寿命も約3年をマークしている。

ゴールドとブルーの融合が艶やかな
スプリングドライブGMT「SBGE248」

 2019年は、ぜんまいを動力源としながら、水晶振動子からの正確な信号によって精度を保つセイコーの独自機構、スプリングドライブが誕生してから20年の節目にあたる年だ。そして8月9日、このスプリングドライブを搭載した、ニューカラーのGMTモデル「SBGE248」がリリースされた。

 特徴的なのはそのルックス。鮮やかなブルーのダイアルに加え、回転ベゼル表面のサファイアガラスにもブルーをあしらった。さらに、リューズやダイアルに配されたGSロゴに加え、グランドセイコーでは初めて18Kイエローゴールドをベゼルの周囲に採用することで、スポーティかつラグジュアリーなタイムピースに仕立て上げた。

 搭載されるムーブメントは、2005年に発表された信頼性の高いスプリングドライブ・ムーブメント9R66。GMT機能に加え、持続時間は約72時間を誇るなど実用性も高いため、鮮やかなカラーリングをまとった「SBGE248」はリゾート地はもちろんのこと、ビジネスシーンでも活躍してくれる。

 これらの新鋭2モデルをはじめとして、現在、グランドセイコーには多彩なGMTモデルがラインナップされている。グランドセイコーならではの美しい仕上げと信頼性の高い機構は、YOSHIDAでも太鼓判を押すほど。まずは、グランドセイコーGMTモデルのクオリティの高さを、店頭で実際に手に取り、確かめてほしい。


Grand Seiko(グランドセイコー) GMT機能付きスプリングドライブ・ムーブメント9R66

2006年の誕生以来、10年以上にわたって採用され続けているGMT機能付きスプリングドライブ・ムーブメント9R66を搭載。持続時間は約72時間を誇る。

実用と美観を備えたグランドセイコーGMTモデル5選

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920