{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第90回~

“ジェンダーレスモデル”という
オーデマ ピゲが提案する新たな視点

2020.6.11
■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ミレネリー フロステッドゴールド フィロソフィーク ■77266BC.GG.A326CR.01

文:篠田哲生 / Text:Tetsuo Shinoda
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 女性の間でも、本格時計への人気が高まっている。AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)でも多くのレディスウォッチを製作しているが、機械式ムーブメントを搭載するモデルも増えている。その結果、“クォーツウォッチよりは大きく、しかしメンズウォッチよりは小さい”という絶妙なサイズの時計が生まれるようになる。しかもデザインは、ロイヤル オークなどのマスキュリンなスタイルを踏襲しているので、女性向けと思われていたこの時計に対して、男性の時計愛好家も目を向けつつある。さらに辛口の腕元を好む女性の中には、メンズサイズの時計を狙う人も増えているようだ。ジェンダーレスモデルを狙うのであれば、レディスウォッチのラインナップも豊富な「オーデマ ピゲ ブティック 大阪」に出向きたい。多様化の時代だからこそ、これからのオーデマ ピゲは、絶妙サイズが面白いのだ。

1:個性を楽しめる新サイズ
「34mmのロイヤル オーク」

 1972年に誕生した「ロイヤル オーク」。初代モデルのケースサイズは39mmだったが、それでも当時は法外に大きく、それゆえ“ジャンボ”というニックネームがついた。しかし今となっては通常のオートマティックが41mm径で、オフショアであればもっとケースは大きくなっている。だからなのか、逆に小さなサイズが新鮮に見えてくる。今年の新作として登場した34mmケースの「ロイヤル オーク オートマティック」は、機械式ムーブメント搭載モデルとしては最小サイズとなる。ケースが小ぶりでさりげないので、ゴールドケースやダイヤモンドで華やかさを加えるのもいいだろう。もちろん天才ジェラルド・ジェンタが手掛けたデザインはそのままであり、平面がヘアライン&斜面をポリッシュで仕上げる手法も同じなので、メリハリのある輝きも楽しめる。女性はもちろんのこと、男性でも楽しめるサイズである。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オートマティック ■77351OR.ZZ.1261OR.01

ロイヤル オーク オートマティック

■77351OR.ZZ.1261OR.01 ■34mm ■18Kピンクゴールドケース&ブレスレット ■自動巻き ■50m防水 ■¥5,115,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

2:スポーティエレガントなら
「37mmのロイヤル オーク オフショア」

 スポーティな「ロイヤル オーク オフショア」は男性人気が高いコレクションだ。しかし防水性を重視しているためにケースはボリューム感があり、直径も42mmや44mmというサイズ。これでは大きすぎると敬遠していた人も少なくないだろう。だからこそ37mmのレディスモデル「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」に注目してみよう。腕馴染みの良いサイズだけでなく、防水性能を5気圧と控えめにしているため、クロノグラフでありながらケースの厚みも11.8mmとスマートだ。ベゼルにはダイヤモンドをセッティングするので、可憐な女性の腕元では力強くその存在をアピールし、男性が着用すれば遊び心のあるスポーティエレガンスを楽しめる。人気モデルだからこそ、こういうハズシが楽しいのだ。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26231ST.ZZ.D002CA.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

■26231ST.ZZ.D002CA.01 ■37mm ■ステンレススチールケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■50m防水 ■¥3,410,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

3:女性だけのコレクションじゃない
「男もほれ込むミレネリー」

 オーバルケースの「ミレネリー」は、まずはメンズ&レディスコレクションとして誕生。2006年にはケース径を45mmへと拡大することで男性へのアピール力を強めていた。しかし近年は39.5mmへと小径化してレディスモデルに注力している。しかし、脱進機周りが露出している特殊なムーブメントcal.5201やオフセンターダイヤルが作り出すインパクトあるルックスは、今でも男性の時計愛好家にとっても気になる存在であり続ける。「ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル」はフロステッドゴールドと呼ばれるゴールドの表面に鍛金加工を施す事で独特の存在感を作り出しており、「ミレネリー フロステッドゴールド フィロソフィーク」は、不思議な動きをする針を使ったワンハンドモデル。どちらも他にはない優雅な個性を持っているので、女性に独占させるのはもったいない。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル ■77244OR.GG.1272OR.01

ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル

■77244OR.GG.1272OR.01 ■39.5mm ■18Kピンクゴールドケース&ブレスレット ■手巻き ■20m防水 ■¥6,105,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ミレネリー フロステッドゴールド フィロソフィーク ■77266BC.GG.A326CR.01

ミレネリー フロステッドゴールド フィロソフィーク

■77266BC.GG.A326CR.01 ■39.5mm ■18Kホワイトゴールドケース ■ブルーアリゲーターストラップ ■手巻き ■20m防水 ■¥3,410,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

4:男性だけの楽しみじゃない
「腕元映えするCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」

 ここまでは男性が気になるレディスウォッチを“ジェンダーレスモデル”として紹介してきたが、女性につけてもらいたいメンズウォッチは存在しないのだろうか? 是非ともお勧めしたいのが、2019年デビューの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック」だ。コレクションの中で最もシンプルな3針モデルは、ケース径こそ41mmと大きめだが、ベゼルが細くて繊細なので、ケースサイズよりもコンパクトに見せる効果がある。しかもホワイトのラッカーダイヤルには美しい光沢感があり、華やかな高級感を加えてくれる。もちろんラウンド×八角形の立体的なケースの磨き込みも、ケースが大きいからこそ可能なテクニックであり、他にはない個性となるだろう。現在社会をしなやかに生きる“強い女性”に、つけて欲しい時計である。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック ■15210OR.OO.A099CR.01

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック

■15210OR.OO.A099CR.01 ■41mm ■18Kピンクゴールドケース ■ブラウンアリゲーターストラップ ■自動巻き ■30m防水 ■¥3,080,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

オーデマ ピゲ ブティック 大阪

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9
営業時間:10:00-20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920