{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第52回~

複雑機構のパイオニアとしてのオーデマ ピゲ

2019.9.20

文:篠田哲生 / Text:Tetsuo Shinoda
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 1882年に世界初の腕時計式ミニッツリピーターを完成させた実績からも分かるように、オーデマ ピゲは「複雑機構の担い手」として君臨し続けている。その伝統を継承する「ジュール オーデマ」のコレクション、東京ミッドタウンで2019年10月19日(土)から開催されるエキシビション『時計以上の何か』の情報とともに、オーデマ ピゲの時計製造の真髄に迫る。

ラウンドケースに秘めたオーデマ ピゲの歴史と伝統

 オーデマ ピゲの時計を語る際には、ラグジュアリースポーツの傑作「ロイヤル オーク」や「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」など、歴史の新しいコレクションたちが主役となりがちだ。しかし1875年から始まるオーデマ ピゲの歴史をひも解くなら、伝統を受け継ぐ上質なラウンドケースモデル「ジュール オーデマ」を忘れてはいけない。スイス屈指の人気時計ブランドは、その歴史をじっくりと噛みしめるブランドでもあるのだ。

 時計職人の家系に生まれたジュール=ルイ・オーデマは、時計修業を終え、時計師の道へと進む。彼は1875年にジュウ渓谷のル・ブラッシュに小さな時計工房を開き、時計製造を開始する。得意としたのは複雑機構で、そのセンスが評価され、多くのオーダーが舞い込んだという。そこで幼馴染の時計師であったエドワール=オーギュスト・ピゲに声をかけ、彼を工房に引き入れた。彼らが作るムーブメントは多くの時計ブランドに採用されたが、それには飽き足らず、1881年から自社ブランドの時計を製造するようになる。それこそが、彼らの名を組み合わせた時計ブランド、オーデマ ピゲの始まりだ。

 オーデマが時計の技術面を担当し、ピゲが経営面を担当するという黄金コンビの活躍によって、オーデマ ピゲは名声を得る。特に時計業界と時計愛好家に名が知れ渡ったのが、1892年に作った世界初の腕時計式ミニッツリピーターだった。「オーデマ ピゲ=複雑機構」という構図は、この時点で出来上がっていたのだ。


ジュール=ルイ・オーデマが修業時代に、卒業制作として作った懐中時計。その後、工房で何度かの改良を重ねているそう。永久カレンダーやミニッツリピーター機構を搭載している。

クロノグラフも得意な機構である。こちらは1942年製モデルで、ドレッシーな雰囲気。

 歴史的なオーデマ ピゲのコレクションを見ると、当然ながら時計デザインの王道であるラウンドケースのモデルが多く見つかる。オーデマ ピゲは、懐中時計の時代はもちろんのこと、腕時計時代になっても美しいラウンドウォッチを作ってきたのだ。こういった歴史と伝統を受け継ぐのか、創業者の名を冠した「ジュール オーデマ」のコレクションである。

 オーデマ ピゲの個性的かつ革新的な時計たちに慣れてしまうと、かなり“普通の時計”に見えるだろう。しかしケースサイドを緩やかにカーブさせつつヘアラインで仕上げ、ベゼルは綺麗に磨き上げるなどして、メリハリのあるルックスを作っており、オーデマ ピゲの丁寧な時計作りを堪能できる。しかもインデックスはバータイプでシンプルにまとめつつ、針はリーフ型で艶っぽさを演出。シンプルさと優雅さを巧みに組み合わせており、一般的なラウンドウォッチとは一線を画する美しさがある。

「ジュール オーデマ」はシンプルなドレスウォッチだけでなく。複雑機構を搭載したモデルも多い。つまりオーデマ ピゲの歴史を継承する、正統な存在なのである。


東京ミッドタウンで注目のエキシビション
『時計以上の何か』が開催

 こういったオーデマ ピゲの時計哲学を知るためには、本来であればスイスのジュウ渓谷、ル・ブラッシュを訪問するのが一番だろう。しかし簡単に叶えられることではない。だからこそオーデマ ピゲは、ユーザーが参加できる体感型のエキシビションを開催する。

 2019年10月19日(土)から11月4日(月・振休)まで、東京ミッドタウンで開催されるエキシビション『時計以上の何か』は、オーデマ ピゲの時計とその哲学を様々な角度から解明するイベントだ。内部は12の部屋に分かれており、過去の傑作から現行モデルまで約150本の時計を展示。さらにはスイスから来日した時計師が、時計の分解組み立ての実演も行うという。

 このエキシビションは、“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトに東京ミッドタウンで行われる「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」の一環として開催されており、オーデマ ピゲがサポートする現代アート作家とパートナーシップを組んだ展示になっている。アート鑑賞する感覚でオーデマ ピゲの世界に触れることができるので、ショッピングやディナーのついでに遊びに行くもの楽しそう。オーデマ ピゲの神髄を深く知れば、「ジュール オーデマ」の魅力に気が付くはずだ。


会場内は12の部屋に分かれており、世界中のアーティストが空間を構成。“複雑性と正確性”をテーマにしており、ブランドの世界観をひも解くエキシビションになっている。来場者は“時計を見る”のではなく、オーデマ ピゲを感じるのだ。

『時計以上の何か』
開催期間/2019年10月19日(土)~11月4日(月・振休)
開催会場/東京ミッドタウン(六本木) 芝生広場
開場時間/11:00~19:30
※10月19日(土)は15:00~20:00(最終受付は閉館の30分前までとなります。)
入場料:無料(事前予約優先)
www.beyondwatchmaking.jp

レガシーが感じられるオーデマ ピゲの複雑機構4選

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

オーデマ ピゲ ブティック 大阪

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9
営業時間:10:00-20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920