{$brandData.brandNameKana} ヨシダ(YOSHIDA) サテライトサイト | Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第158回~

一段と魅力的なモデルが揃った
「ロイヤル オーク オフショア」2021年秋の新作

2021.10.1
■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238ST.OO.A340CA.01 / 26238TI.OO.A056CA.01

文:篠田哲生 / Text:Tetsuo Shinoda
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

 オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)の傑作「ロイヤル オーク」を、スポーティに進化させた「ロイヤル オーク オフショア」。今では時計界を代表するコレクションとなったが、そのアイコニックなデザインを残しつつ、ますます魅力的に進化を続けている。今回はその新作モデルを紹介。復刻モデルやダイバーズにバリエーションが追加され、さらに魅力的なコレクションへと成長している。

伝説のファーストモデルが進化した
「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」

 2021年秋の新作として登場した「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は、特徴的なドット型インデックスやプチタペストリーのダイヤルなど、伝説の始まりとなった1993年の初代モデルをデザインのベースとしている。実は初代モデルは2018年に一度復刻されているが、この時はモジュール式のクロノグラフCal.3126/3840を搭載しており、初代モデルに合わせてケースバックはソリッド式になっていた。

 しかし新しい“復刻系” 「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は、最新の自社製クロノグラフムーブメントCal.4404を搭載し、シースルーのケースバックから美しい仕上げを鑑賞できるようになった。また一体型のムーブメントであるため、カレンダーディスクがダイヤル面の近くにあり視認性が高まっている。そしてインダイヤル表示も、初代とは配列を変え、12時位置に12時間積算形、6時位置にスモールセコンドが収まるようになった(ちなみに9時位置の30分積算計は同じままだ)。さらに今シーズンから採用されている交換可能なストラップシステムを採用しており、ラバーストラップが付属するのも新しい試みだ。

 クラシックな雰囲気でありながら、細かな進化を加えた「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」のバリエーションは3種。初代と同じブルーダイヤルモデルは、初代と同じくステンレススチール素材を採用しているが、新たに加わったグレーダイヤルモデルは、ケース&ブレスレットにチタン素材を用いており、着用感が軽やかになった。逆にこの上ない重量感を求める人には、ケース&ブレスレットにピンクゴールド素材を用いたモデルもある。驚くほど重い時計だが、その存在感はクセになりそうだ。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238ST.OO.2000ST.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

初代と同じダイヤル色のSSモデル。ブルーのラバーストラップが付属する。

■26238ST.OO.2000ST.01 ■42mm ■ステンレススティールケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■ブティック限定モデル ■¥4,730,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238TI.OO.2000TI.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

復刻デザインにTi素材を初採用。ブラックのラバーストラップが付属する。

■26238TI.OO.2000TI.01 ■42mm ■チタンケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■ブティック限定モデル ■¥4,730,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238OR.OO.2000OR.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

とにかく重く、とにかくリッチ。ブルーのラバーストラップが付属する。

■26238OR.OO.2000OR.01 ■42mm ■18Kピンクゴールドケース&ブレスレット ■自動巻き ■100m防水 ■ブティック限定モデル ■¥9,625,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

42mmサイズの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」は
色彩豊富に

 今年、リニューアルを果たした「ロイヤル オーク オフショア」では、ラグ周りをカーブさせることで着用感を高めたり、着脱可能なストラップシステムを採用したりと新しい試みを加えている。既に43mmサイズのクロノグラフが、今年の春に発表されていたが。今回は42mmサイズのクロノグラフのリニューアルである。

 最新の自社製クロノグラフムーブメントCal.4404を搭載しているが、全体的な雰囲気はこれまでのモデルを踏襲しており、アラビア数字のインデックスやメガタペストリーのダイヤル装飾もそのまま。つまりスタイルは維持しつつ機能性を高めた正常進化といえるだろう。

 今回発表された2モデルは、シックなカーキダイヤルと明るいブルーダイヤルをラインナップし、ダイヤル色に合わせたテキスタイル風のラバーストラップも華やか。スポーティな時計でありながら、手元に色気を加えてくれる。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238TI.OO.A056CA.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

トレンド感のあるシックなグリーンモデル。ブラックのカーフストラップを付属する。

■26238TI.OO.A056CA.01 ■42mm ■チタンケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■ブティック限定モデル ■¥3,905,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ■26238ST.OO.A340CA.01

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

華やかな色が手元のアクセントになる。ブラックのカーフストラップを付属する。

■26238ST.OO.A340CA.01 ■42mm ■ステンレススティールケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■100m防水 ■ブティック限定モデル ■¥3,905,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

リッチに楽しむ「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」

 10時位置のベゼルで操作するインナーベゼルを採用したことで、特徴的な8角形ベゼルを残しつつ、ダイバーズウォッチとしての機能性も備えたダイバーズウォッチ「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」の新作は、ケース素材にホワイトゴールドを使用しており、重量感のあるリッチなモデルとなった。ベゼルはブラックセラミックなので、ブラック×ホワイトのシンプルな配色に。そのさりげなさも、大人のダイバーズウォッチにふさわしい。

 もちろんストラップは交換可能。付属するベージュのカーフストラップを合わせれば、さらに都会的な雰囲気が加わり、街使いのラグジュアリーウォッチとして活躍してくれるだろう。


■AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ■ロイヤル オーク オフショア ダイバー ■15720CN.OO.A002CA.01

ロイヤル オーク オフショア ダイバー

インデックスなどはベージュ色。付属するベージュのカーフストラップと色合わせしている。

■15720CN.OO.A002CA.01 ■42mm ■18Kホワイトゴールドケース ■ラバーストラップ ■自動巻き ■300m防水 ■限定300本 日本先行発売 ■¥6,820,000(税込)

商品詳細・お問い合わせはこちら >>

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

オーデマ ピゲ ブティック 大阪

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9
営業時間:10:00-20:00 年中無休



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920