Gressive

YOSHIDAで体験する、高級時計への旅 ~第5回~

YOSHIDAとセイコー。
70年以上にも及ぶ両社の情熱とつながり

2018.11.16

取材・文:竹石祐三 / Report & Text:Yuzo Takeishi
写真提供:セイコーウオッチ、YOSHIDA
編集:戸叶庸之 / Edit:Tsuneyuki Tokano

セイコー。それは、昔も今も、
顧客の心を惹きつける存在

 日本最高峰の時計メーカー、SEIKO(セイコー)と、東京渋谷区・幡ヶ谷の時計専門店YOSHIDA(ヨシダ)。この両社のつながりは長く、そして深い。

 現在YOSHIDAでは、セイコーが展開するCREDOR(クレドール)、GALANTE(ガランテ)、そしてGrand Seiko(グランドセイコー)を取り扱い、それらすべてのブランドにおいてセイコー社よりトップディラーの表彰を受賞している。片や日本を代表するマニュファクチュールとしてクオリティを追求し続け、片や世界屈指の時計専門店として、クオリティの高い時計を熱心に販売──70年以上におよぶ両社の情熱と関係性は、YOSHIDAの長い歴史における重要なピースとなっている。

屈指の時計メーカーと時計店の誕生

 1881年、後に日本のみならず、世界中の注目を集めることになる時計メーカーのルーツが、京橋区釆女町(現在の銀座五丁目あたり)に誕生した。

 店の名は「服部時計店」。中古時計の修理と販売を軸とした小売業として商いをスタートし、その後、1892年には時計製造工場の「精工舎」を設立した。1895年には自社初となる懐中時計「タイムキーパー」を発売し、1910年にはひげぜんまいの国産化にも成功。そして1913年、ついに国産初の腕時計「ローレル」を完成させる。後のセイコーは最高峰の時計メーカーとなるべく、着実にその礎を築き上げていく。

 日本の時計史におけるエポックな出来事から7年後の1920年、「吉田時計眼鏡店」は創業した。現在のYOSHIDAである。この頃の京王線はまだ甲州街道を走る電気軌道で、街道には馬車や牛車の往来もあった。のどかな時代である。


人気ブランドへと成長するセイコーと、
高級路線を貫くYOSHIDA

 日本初となる民間テレビ局が開局し、民放テレビコマーシャル第1号としてセイコーのCMが放映された1953年、甲州街道が整備拡張され、現在に至る。当時、YOSHIDAでは地方の時計店から子息を預かり、時計の修理技術を教え込んでいたという。だが、二代目・正の時代になると「これからはピンセットを持っていても商売にならないだろう」と判断し、貴金属の取り扱いを開始。修理から販売中心の店舗へとシフトさせた。このときすでに高級品の販売に軸足を置いたのは、先見の明であろう。

 貴金属や舶来時計を扱うなかでも、セイコーは主軸だった。なかでも、当時の機械式時計の最高峰ブランドとして1960年にデビューしたグランドセイコーは、高精度かつ高品質だったことからたちまち話題に。その後発売されるキングセイコーやファイブスポーツも含め、当時のセイコーの評判はYOSHIDAの顧客のなかでも圧倒的に高かったという。それゆえ、盆や正月に実施されていたセール期間は、ウインドウに並ぶ商品だけでは数が足りなくなってしまうほど。セイコーの人気とYOSHIDAの販売力は、この当時すでに確立していたのだ。


 やがて1974年、14金、18金などの貴金属をマテリアルとした「セイコー特選腕時計」をグループ化し、「セイコー クレドール」が誕生する。世界初のクォーツ式ドレスウォッチだ。クレドールは1981年、国民的ヒーローであり、現役を引退したばかりの長嶋茂雄を広告に起用するなど、ステイタスの向上に注力した。

 そのため、厳選された店舗のみでの取り扱いとなったが、YOSHIDAでは、すでに高級品を中心に販売していたことに加え、セイコーの時計をしっかりと販売してきた実績がある。YOSHIDAがクレドールを取り扱うことは必然だった。時は手軽なクォーツ時計やICライターなど、便利でリーズナブルなものが消費される時代。そんな中でも、YOSHIDAは高級路線を貫いた。

2009年に復活を遂げたのが、メカニカルハイビートモデル「9S8シリーズ」。グランドセイコーのデザインコードを踏襲したシンプルかつ上品な意匠は、エレガントな装いにも溶け込む。
■SBGH201 ■40.2mm ■ステンレススチールケース ■ステンレススチールブレスレット ■自動巻き ■10気圧防水 ■¥669,600(税込)

 クォーツ全盛の時代が続くが、やがて’80年代半ばには世界的に時計ブームが興り、1988年にはグランドセイコーがクォーツムーブメントを搭載して復活する。1993年にはキャリバー9F8系を搭載し、外観もかつてのグランドセイコー“らしさ”を携えた出来映えとなった。

 しかし、グランドセイコーの躍進はここからだ。1998年には、完全新規設計のキャリバー9S55を搭載して24年ぶりに機械式モデルが復活する。2004年には、ぜんまいで駆動し、クォーツと同等の高精度を実現するセイコーの独自機構「スプリングドライブ」を採用したモデルがラインナップ。そして、2009年にはキャリバー9S85を搭載し、オリジナルから実に41年の時を経て、ハイビートモデルが蘇ったのだ。

 この高精度モデルの復活を機に、クレドール中心だったYOSHIDAは再びグランドセイコーにも注力。その結果、クレドール、ガランテ、そしてグランドセイコーの3ブランドにおいて、何年にもわたってトップディラーを名乗っていくことになり、それは今後も継続されていくだろう。

 YOSHIDAにとってセイコーとは「顧客を惹きつけるブランド」であるという。昔から、セイコーはブランドの認知力があり、何より信頼があった。それゆえに、セイコーを扱っているというだけで集客につながったという。

 クオリティを追求し続けるセイコーと、高級路線を貫き信頼性の高い時計だけを販売し続けるYOSHIDA。両社にとって、その先にあるのは「顧客ファースト」の視点である。

YOSHIDAが選ぶ
おすすめ商品のご紹介

【連載】「YOSHIDAで体験する、高級時計への旅」とは?

正規時計代理店YOSHIDA(ヨシダ)と、時計専門サイトGressive(グレッシブ)が、4名の執筆陣とともに送る連載企画。「なぜ、人は腕時計に惹かれるのか?」という普遍的なテーマのもと、名だたる一流ブランドの魅力に触れ、奥深い高級時計の世界へと誘う。

INFORMATION

YOSHIDA 東京本店

東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-5
営業時間:10:00~20:00 年中無休(1月1日から1月3日までを除く)



>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

AUDEMARS PIGUET OSAKA INFORMATION

AUDEMARS PIGUET Le Brassus OSAKA

Audemars Piguet Boutique Osaka
オーデマ ピゲ ブティック 大阪
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル
TEL:06-6214-5401
FAX:06-6214-5403

>Googlemapはこちら

店舗詳細はこちら

COPYRIGHT (C) Gressive ALL RIGHTS RESERVED.

YOSHIDA SINCE 1920